出典:デジタル大辞泉(小学館)

藻塩を焼く火。

「いつもかく淋しきものか蘆の屋にたきすさびたる海士 (あま) の―」〈金槐集・下〉