出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 和歌などの修辞法の一。句の終わりの文字を次の句の頭に置いて、鎖のように続けていくもの。仮名鎖。また、定められた語句を1音ずつ各句の頭において詠むもの。

  1. 女子の遊戯の一。一人が古歌を詠むと、次の者はその歌の末尾の音が最初にある別の古歌を詠み、これを順次続けていくもの。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉