出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. とんでもないこと。けしからぬこと。また、そのさま。「以ての外な(の)振る舞い」

  1. 予想を越えて程度がはなはだしいこと。また、そのさま。

    1. 「事の由を人の風説 (うわさ) に伝え聞て、―なる大腹立」〈逍遥当世書生気質

出典:青空文庫