出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]道理にかなっていること。なるほどその通りだと思われること。また、そのさま。当然。「尤もな言い分」「いやがるのも尤もなことだ」
[接]前の事柄を肯定しつつ、例外あるいは一部相反する内容を補足するときに用いる。とはいうものの。なるほどそうだが。ただし。「旅行にはみんな参加する。尤も行かない人も二、三いるが」
[副]
  1. いかにもなるほどと思われるさま。本当に。まったく。当然。

    1. 「事すでに重畳せり。罪科―逃れがたし」〈平家・一〉

  1. (あとに打消しの語を伴って)少しも。全然。

    1. 「ふっつり心残らねば―足も踏み込まじ」〈浄・天の網島

出典:青空文庫