出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

  1. 人を取り扱う。待遇する。あしらう。「国賓として―・す」「よそよそしく―・される」

  1. 心をこめて客の世話をする。饗応する。馳走 (ちそう) する。「山海の珍味で―・す」「客を酒で―・す」

  1. そうであるかのようにとりなす。みせかける。

    1. 「無理に納得した体 (てい) に―・す」〈漱石吾輩は猫である

  1. とりはからう。処置する。

    1. 「あるに従ひ、定めず、何事も―・したるをこそよきにすめれ」〈・四九〉

  1. 特に取り上げて問題にする。もてはやす。

    1. 「今様の事どもの珍しきを言ひ広め―・すこそ」〈徒然・七八〉

[可能]もてなせる