出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ四]
  1. まだらになる。入り乱れる。まぎれる。

    1. 「あまりなることは目も―・く心地なむし給ひける」〈大鏡・道長上〉

  1. 船などがもたもたして進まなくなる。

    1. 「もろこしの玉積む舟の―・けば思ひ定めむ方もおぼえず」〈顕輔集

[動カ下二]入れ墨をする。
    1. 「男女並びに椎 (かみ) を結 (あ) げ身を―・けて」〈景行紀〉