出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 物を言うこと。また、物の言い方。言葉遣い。「ていねいな物言いをする」「物言いに気をつける」

  1. 言い合い。口論。

    1. 「追出されて来ましたというから、―でもしてきた事と思ったのだ」〈左千夫・春の潮〉

  1. 異議を口に出すこと。特に相撲で、行司の勝負判定に、審判委員や控え力士が異議を申し入れること。「物言いがつく」

  1. うわさ。とりざた。

    1. 「人の―さがなさよ」〈・帚木〉

  1. 話がうまいこと。また、その人。

    1. 「隈 (くま) なき―も、定めかねて」〈・帚木〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース