出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. さまざまの事柄について話すこと。語り合うこと。また、その内容。「世にも恐ろしい物語」

  1. 特定の事柄の一部始終や古くから語り伝えられた話をすること。また、その話。「湖にまつわる物語」

  1. 文学形態の一。作者の見聞や想像をもとに、人物・事件について語る形式で叙述した散文の文学作品。狭義には、平安時代の「竹取物語」「宇津保物語」などの作り物語、「伊勢物語」「大和物語」などの歌物語を経て、「源氏物語」へと展開し、鎌倉時代における擬古物語に至るまでのものをいう。広義には歴史物語・説話物語・軍記物語を含む。ものがたりぶみ。

  1. 歌舞伎人形浄瑠璃の演出の一。また、その局面。時代物で、立ち役が過去の思い出や述懐を身振りを交えて語るもの。

出典:青空文庫

出典:gooニュース