出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接助]《形式名詞「もの」+形式名詞「ゆえ」から》活用語の連体形に付く。
  1. 理由・原因を表す。…だから。…ので。「どうしても行かれぬものゆえ、よろしく伝えていただきたい」

    1. 「悔しきことやうやうまさりゆけど、今はかひなき―、常にかうのみ思はば」〈・早蕨〉

    2. 「待つ人も来ぬ―にうぐひすの鳴きつる花を折りてけるかな」〈古今・春歌下〉
  1. 逆接の確定条件を表す。…ではあるが。…なのに。…けれども。

    1. 「波の間 (ま) ゆ雲居に見ゆる粟島の逢はぬ―我 (わ) に寄そる児 (こ) ら(=ワタシト噂サレテイルアノ娘ヨ)」〈・三一六七〉

[補説]古くは2の逆接の意味で使われていたが、平安時代以降、「ゆえ」に引かれ、1の意味が生じた。なお古語では、12の意味で格助詞「に」を伴った「ものゆえに」の形でも用いられる。現代語では順接の意味しかなく、それも書簡など、硬い文語的表現に用いられる。