出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。五番目物観世小次郎信光作。平維茂 (たいらのこれもち) 戸隠山中で女に化けた鬼に紅葉狩りの宴に誘われ、命が危うくなるが、男山八幡の神助を得て本性を現した鬼を退治する。
歌舞伎舞踊。常磐津 (ときわず) 義太夫長唄の掛け合い。河竹黙阿弥作詞。明治20年(1887)東京新富座初演。の舞踊化。新歌舞伎十八番の一。
長唄地歌荻江節一中節などの曲名。長唄以外はに基づく。

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉