出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]
  1. 両手の間に挟んでこする。また、両手をこする。「錐 (きり) を―・む」「茶を―・む」「塩でキュウリを―・む」

  1. からだを触れ合わせるようにして押し合う。また、激しく揺り動かす。「人込みに―・まれながら歩く」「御輿 (みこし) を―・む」

  1. 指で包みこむようにして握ったり、てのひらで押したりする。あんまをする。「肩を―・む」

  1. 大きな浴槽の中の湯を、厚板などを使って激しくかき回す。浴槽の湯温を均一にするために行う。「湯を―・む」

  1. 激しく議論をする。「委員会で―・んだ議題」

  1. 相手になって教えてやる。「一番―・んでやろう」

  1. (「もまれる」の形で)世間に出ていろいろの経験をする。「実社会で―・まれて成長する」

  1. 気をいらいらさせる。いらだたせる。「気を―・む」

  1. 激しく攻める。

    1. 「追靡 (おひなび) け、七八度が程ぞ―・うだりける」〈太平記・一〇〉

  1. 10 数珠を擦り合わせて、仏に強く祈る。

    1. 「乳和して護摩にたき、黒煙をたててひともみ―・まれたりければ」〈平家・八〉

  1. 11 むち打つなどして馬を急がせる。

    1. 「―・めども―・めども、一所にて躍る様なり」〈義経記・四〉

[可能]もめる
[動マ下二]もめる」の文語形。

出典:青空文庫

出典:gooニュース