出典:デジタル大辞泉(小学館)

邦楽で、ある旋律が完結する前に、その終尾にかぶせて次の歌をうたいだすこと。囃子 (はやし) では、一般の終拍の掛け声を次の段の初拍の掛け声にして、間を置かずに演奏する。