出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 一宗門の本山。また、そこに住み、その法系を嗣 (つ) いでいる僧。

  1. 平安時代以後、皇族・貴族などが出家して居住した特定の寺院。また、その住職。室町時代以後は寺院の格式を示す語となった。江戸幕府により制度化され、宮門跡摂家門跡清華門跡准門跡の区別を生じたが、明治4年(1871)廃止、以後は私称となった。

  1. 《本願寺は準門跡であるところから》本願寺管長の俗称。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:gooニュース