出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 武器・狩猟具の一。弓の弦 (つる) につがえ、距離を隔てた目的物を射るもの。木または竹で作った棒状のもので、一方の端に羽をつけ、他方の端に鏃 (やじり) をつける。「―をつがえる」

  1. 木材や石など、かたいものを割るのに使うくさび。

  1. 紋所の名。1の形を組み合わせて図案化したもの。