出典:デジタル大辞泉(小学館)

はるか遠方の海路を吹いてくる風。

「しるべせよ跡なき浪に漕ぐ舟のゆくへも知らぬ―」〈新古今・恋一〉