出典:デジタル大辞泉(小学館)

地歌・箏曲 (そうきょく) 。文化・文政(1804~1830)ごろ、京都の石川勾当 (いしかわこうとう) 作曲。のちに八重崎検校が箏の手を付けた。百人一首中の衣にちなむ歌5首を四季の順に並べた歌詞で、京風手事物 (てごともの) の代表曲。