出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. あまり時間や日数がたたないうちに、ある事が起こるさま、また、ある事態になるさま。そのうちに。まもなく。じきに。「―日が暮れる」「東京へ出てから、―三年になる」

  1. それにほかならない。まさに。とりもなおさず。

    1. 「自尊の念は―人間を支持しているもので」〈露伴・プラクリチ〉

  1. そのまま。引き続いて。

    1. 「山の仕事をして、―食べる弁当が」〈左千夫野菊の墓

    2. 「(道真ガ大宰府ニ流サレテ)―かしこにてうせ給へる」〈大鏡・時平〉
  1. 時を移さず。ただちに。すぐさま。

    1. 「―具して宮に帰りて后に立てむ」〈今昔・三一・三三〉

[補説]「軈」は国字。

出典:青空文庫