出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 《「益体無し」の略》役に立たないこと。また、そのさま。

    1. 「ええ―なと我慢の暴風 (あらし) で吹き払って」〈露伴・辻浄瑠璃〉

  1. 役に立つこと。また、しまりのあること。きちんと整っていること。

    1. 「荷を締めるやら、何やら、―のあることか」〈浄・会稽山