やく‐たい【益体】 の意味

  1. [名・形動]
  1. 《「益体無し」の略》役に立たないこと。また、そのさま。
    • 「ええ―なと我慢の暴風 (あらし) で吹き払って」〈露伴・辻浄瑠璃〉
  1. 役に立つこと。また、しまりのあること。きちんと整っていること。
    • 「荷を締めるやら、何やら、―のあることか」〈浄・会稽山
  • 名詞

やく‐たい【益体】の慣用句

  1. 益体も無い
    • 役に立たない。無益だ。つまらない。でたらめだ。
      「今みたいな―・いことをしていちゃ」〈宮本・伸子〉
  1. やくたいなし【益体無し】
    • 役に立たないこと。しまりのないこと。また、その人。
      「惣別あの男のやうな―は」〈虎明狂・乞聟〉