出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)《「やくばらい」とも》
  1. 神仏に祈るなどして、身についたけがれを払い落とすこと。厄落とし。

  1. 近世の門付け芸で、節分や大晦日 (おおみそか) の夜などに、町を歩き、厄年の人の家の門口などで厄払いの祝言を唱えて豆や金銭をもらうもの。また、その人。 冬》

  1. 歌舞伎世話狂言のせりふで、美文調の縁語掛け詞 (ことば) を多用した章句を2に似た独特の抑揚で言うもの。連 (つら) ねの一種で、幕末に流行。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

[冬/行事]の季語