やく‐ぶそく【役不足】 の意味

  1. [名・形動]
  1. 俳優などが割り当てられた役に不満を抱くこと。
  1. 力量に比べて、役目が不相応に軽いこと。また、そのさま。「そのポストでは役不足な(の)感がある」

  1. [補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「彼には役不足の仕事だ」を、「本人の力量に対して役目が軽すぎること」と「本人の力量に対して役目が重すぎること」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。→力不足
     平成14年度調査平成18年度調査平成24年度調査
    本人の力量に対して役目が軽すぎること
    (本来の意味とされる)
    27.6パーセント40.3パーセント41.6パーセント
    本人の力量に対して役目が重すぎること
    (本来の意味ではない)
    62.8パーセント50.3パーセント51.0パーセント
  • 名詞
  • やく‐ぶそく【役不足】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「馬鹿あ吐かせ、三銭の恨で執念をひく亡者の女房じゃあ汝だってちと役不足だろうじゃあ無えか、ハハハハ。

      幸田露伴「貧乏」