出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 軸の周囲に矢羽根を放射状に取り付け、風を受けて回るようにしたもの。端午の節句の幟竿 (のぼりざお) の先につけたりする。 夏》

  1. 紋所の名。1を図案化したもの。

  1. 矢車草」の略。

  1. 矢をさしておく台。

    1. 「送って―文車」〈伎・

出典:gooニュース

出典:青空文庫

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/行事]の季語