出典:デジタル大辞泉(小学館)

《火傷をしたのに、懲りずに火にあたっている意から》過去の失敗にも懲りず、同じような事を繰り返すことのたとえ。焼け面 (づら) 火に懲りず。