出典:デジタル大辞泉(小学館)

リュウテンサザエ科の巻き貝。潮間帯下の岩礁にすみ、貝殻は球卵形で、殻径約20センチと大形。殻は厚く、表面は緑茶色、内面は真珠光沢が強い。奄美群島以南に産し、肉は食用、殻は貝細工や螺鈿 (らでん) の材料。もと、屋久島から献上されたことから「やくがい」とよばれた。