出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]やさ・し[シク]《「優しい」と同語源》
  1. 理解や習得がしやすい。単純でわかりやすい。平易である。「―・い本」「―・くかみくだいて話す」⇔難しい

  1. 解決や実現がたやすい。面倒なことがなく、容易である。「だれにでもできる―・い仕事」「批評するだけなら―・い」⇔難しい

  1. 不用意である。

    1. 「猿楽に然様 (さやう) ならん―・しき戯れ事は、止むべし」〈今昔・二八・三三〉

[派生]やさしげ[形動]やさしさ[名]
[用法]やさしい・[用法]たやすい――「その問題を解決するのはやさしい(たやすい)」「やさしい(たやすい)仕事」のように、楽に処理できるの意では相通じて用いられる。◇「コンピューターについてやさしく説明する」のように、わかりやすいという意は「やさしい」だけのもので、「たやすい」にはない。◇「たやすく解ける問題」「たやすく学べる英会話」のように、わけなく、楽にという意の副詞的用法では「たやすく」が適切で、「やさしく」はふつう使わない。◇類似の語に「容易」と「平易」がある。「容易」は「たやすい」とほとんど同義だが、「不信感は容易なことでは消えない」などの慣用的な使い方では「容易」を用いる。「平易」は「やさしい1」と同義で、「むずかしい教義を平易に説いて聞かせる」などと用いる。

出典:青空文庫