出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「介」は、鎧 (よろい) 》イノシシに鎧を着せたようなものの意で、むこう見ずな人をたとえて言う。猪武者 (いのししむしゃ) 。