出典:デジタル大辞泉(小学館)

地歌・箏曲 (そうきょく) 。本来は尺八の曲であったものを、政島検校が胡弓 (こきゅう) に移し、さらに藤永検校が三味線に編曲したもの。園原勾当作詞と伝える。三段からなる手事 (てごと) が中心で、歌舞伎下座音楽にも用いられる。

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉