出典:デジタル大辞泉(小学館)

[代]《「やつこ(奴)あれ(吾)」の音変化という。古くは「やつかれ」》一人称の人代名詞。自分をへりくだっていう語。上代・中古では男女を通じて用いたが、近世以降は、男性がやや改まった場で用いるのに限られた。
  • 「―御身の云う如く、如何にも御身が奴僕 (ぬぼく) となり」〈井上勤訳・狐の裁判〉
「―弔使に随ひて、共に筑紫に到 (まういた) る」〈皇極紀〉