えいたん‐ほう〔‐ハフ〕【詠嘆法】 の意味

  1. 詠嘆・感動の意味を表出する表現法。ふつう、感動詞を用いたり、平叙文に助詞「な」「なあ」「よ」「か」「かな」などや、助動詞「けり」を付けたりする。「ああ、すばらしい」「すごいな」「さびしかりけり」などの類。また、「お見事」などでの、一語文や、和歌などでの、一文を体言止めにする手法も含まれる。
  • 名詞