出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ヤナギ科ヤナギ属の落葉樹の総称。一般に湿地に多く、低木または高木で、葉はふつう互生する。雌雄異株。主に早春、花が穂状か尾状につき、種子は白毛があって風で飛び、柳絮 (りゅうじょ) という。街路樹や庭園樹などにされ、材は器具・薪炭用。コリヤナギネコヤナギなど多くの種があるが、葉の細長いシダレヤナギをさすことが多い。ヤナギ科の双子葉植物は約350種が北半球の温帯地域を中心に分布し、ケショウヤナギオオバヤナギヤマナラシポプラなども含まれる。 春》「田一枚植ゑて立ち去る―かな/芭蕉

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は白、裏は青、または萌葱 (もえぎ) 。柳襲。

  1. 柳色」の略。