出典:デジタル大辞泉(小学館)

《播磨 (はりま) の俳人瓢水 (ひょうすい) の句「手に取るなやはり野におけ蓮華草」から》野原で咲いているからこそレンゲソウは美しいのであって、摘んで観賞するものではない。そのものにふさわしい環境に置くのがよいというたとえ。