えい‐はく【×曳白】 の意味

  1. 《「唐書」苗晋卿伝の、情実で合格した張奭 (ちょうせき) が再試験で白紙を出した故事から》紙筆を持ちながら、詩文を作ることができないこと。
  • 名詞