• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

やぶさ‐か【×吝か】 の意味

  1. [形動][文][ナリ]
  1. (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」
  1. 思い切りの悪いさま。
    • 「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川・侏儒の言葉〉
  1. 物惜しみするさま。けちなさま。
    • 「たとひ驕且 (きゃうしゃ) にして―ならば、其の余は観るに足らざらくのみ」〈文明本論語抄・四〉
  1. [補説]1について、文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、「協力を求められればやぶさかでない」を、本来の意味とされる「喜んでする」で使う人が33.8パーセント、本来の意味ではない「仕方なくする」で使う人が43.7パーセントと、逆転した結果が出ている。
  • やぶさ‐か【×吝か】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・吾人は貞淑なる夫人のために満腔の同情を表すると共に、賢明なる三菱当事者のために夫人の便宜を考慮するに吝かならざらんことを切望するものなり。

      芥川竜之介「馬の脚」

    • ・・・この点では志賀直哉の功を認めるに吝かではない。

      織田作之助「可能性の文学」

    • ・・・ 余は以上の如く根本において文芸院の設置に反対を唱うるものであるが、もし保護金の使用法について、幸いにも文芸委員がこの公平なる手段を講ずるならば、その局部に対しては大に賛成の意を表するに吝かならざるつもりである。

      夏目漱石「文芸委員は何をするか」