出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 陸地の表面が周辺の土地よりも高く盛り上がった所。日本では古来、草木が生い茂り、さまざまな恵みをもたらす場所としてとらえる。また、古くは神が住む神聖な地域として、信仰の対象や修行の場とされた。「山に登る」「海の幸、山の幸」

  1. 鉱山。鉱物資源を採掘するための施設。また、採掘業。「山を閉鎖する」

    1. ㋐土や砂で1の地形を模したもの。「築山」「砂山」

    2. ㋑祭礼の山車 (だし) で、1に似せて作った飾り物。舁 (か) き山と曳 (ひ) き山とがある。また、山鉾 (やまぼこ) の総称。

    3. 歌舞伎で、竹の枠に張った幕に、笹や木の枝葉をかぶせた作り物

  1. 高く盛り上がった状態を、1になぞらえていう語。

    1. ㋐高く積み上げたもの。「本の山が崩れる」「洗濯物の山」「山と積まれた荷物」

    2. ㋑物の一部で周辺よりも突出しているところ。「ねじの山がつぶれる」「帽子の山」

    3. 振動波動で、周囲よりも波形の高いところ。「計測された音波の山の部分」

  1. たくさん寄り集まっていることや多いことを、1になぞらえていう語。「見物人の山」「宿題の山」

  1. 進行する物事の中で、高まって頂点に達する部分を1にたとえていう語。

    1. ㋐事の成り行きのうえで、それをどうのりこえるかで成否が決まるという、重要な部分。「病状は今日明日が山だ」「仕事が山を越える」→峠 (とうげ) 

    2. ㋑文芸などで、展開のうえで最も重要な部分。最もおもしろいところや、最も関心をひく部分。「この小説には山がない」

  1. できることの上限をいう語。精一杯。関の山。

    1. 「学問は打棄って…、矢張浮気で妄想の恋愛小説を書いて見たいが―だから」〈魯庵社会百面相

  1. 見込みの薄さや不確かさを、鉱脈を掘り当てるのが運まかせだったことにたとえていう語。

    1. ㋐万一の幸運をあてにすること。

      「何だか会社を始めるとか、始めたとか云うことを聞いたが、そんな―を遣って」〈秋声・足迹〉

    2. ㋑偶然の的中をあてにした予想。山勘。「試験の山が外れる」

  1. 犯罪事件。主に警察やマスコミが用いる。「大きな山を手がける」

  1. 10 売切れ。品切れ。主に飲食店で用いる。

  1. 11 《多く山中につくられたところから》陵墓。山陵。

    1. 「我妹子 (わぎもこ) が入りにし―を便 (よすか) とそ思ふ」〈・四八一〉

  1. 12 高くてゆるぎないもの。頼りとなる崇高なもの。

    1. 「笠取の―と頼みし君をおきて涙の雨に濡れつつぞ行く」〈後撰・離別〉

  1. 13 寺。また、境内。

    1. 「春は必ず―に来たり給へ。あたら妙音菩薩なり」〈読・春雨・樊噲〉

  1. 14 遊女。女郎。

    1. 「―も太夫も根引きにすべし」〈浮・好色盛衰記〉

  1. 15 動植物名の上に付いて、山野にすんでいたり自生していたりする意を表す。「山猿」「山桃」

比叡山 (ひえいざん) の称。また、そこにある延暦寺 (えんりゃくじ) のこと。園城寺 (おんじょうじ) を「寺」というのに対する語。
[接尾]助数詞。
  1. 盛り分けたものを数えるのに用いる。「一山300円」

  1. 山、特に山林や鉱山を数えるのに用いる。