出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「膏」も「肓」も、病気がそこに入ると、治療しにくい所。中国、春秋時代、晋の景公が病気になったとき、病気の精が二人の子供となって膏と肓に逃げこんだので、病気が治らなかったという「春秋左伝」成公一〇年の故事による》

  1. 病気がひどくなり、治療しようもない状態となる。

  1. 物事に熱中して抜け出られないほどになる。「付き合いで始めたゴルフが今や―・ってしまった」

[補説]この句の場合、「入る」を「はいる」とは読まない。