えい‐ぶつ【詠物】 の意味

  1. 自然の風物を題材として詩歌を作ること。また、その詩歌。詠物詩。→詠史 (えいし) 
  • 名詞