出典:デジタル大辞泉(小学館)

東北地方南西部の県。日本海に面する。明治元年(1868)に出羽 (でわ) から分かれた羽前 (うぜん) の全域と羽後 (うご) の一部にあたる。人口116.9万(2010)。
山形県中東部の市。県庁所在地。最上氏の城下町として発展、江戸時代は藩主の交代が相次ぎ、幕末には水野氏の城下町。鋳物やサクランボウを産し、ベニバナの集散地。蔵王温泉立石寺などがある。人口25.4万(2010)。