出典:デジタル大辞泉(小学館)

箏曲 (そうきょく) の流派の一。安永(1772~1781)ころに、生田流を学んだ江戸の山田検校が創始。生田流の、三味線本位に対し本位、器楽本位に対し声楽本位の語り物風な箏曲で、江戸を中心に流行した。今日でも、関東地方を中心に広く行われ、関西の生田流と勢力を二分している。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉