出典:デジタル大辞泉(小学館)

大和国の刀工が鍛えた刀の総称。特に平安末期以降、多く社寺に専属するかたちで、千手院物当麻 (たいま) 物手掻 (てがい) 物などの流派が活躍した。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉