出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]
  1. 風・雨・雪など、自然現象の動きがなくなる。「夕立が―・む」「風が―・む」

  1. 続いていたことがとまる。物事にきまりがつく。終わる。「騒動が―・む」「銃声が―・む」「死して後 (のち) ―・む」

  1. 高まった感情や病気などがおさまる。

    1. 「わたつみの海に出でたる飾磨 (しかま) 川絶えむ日にこそ吾 (あ) が恋―・まめ」〈・三六〇五〉

[動マ下二]や(止)める」の文語形。