出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. そこへ行かせる。さしむける。送り届ける。「子供を大学へ―・る」「使いを―・る」「手紙を―・る」

  1. 漕 (こ) いだり、走らせたりして進める。「車を―・る」

  1. そちらへ向ける。「目を―・る」

  1. 目下の者や動物などに与える。くれる。「褒美を―・る」「鳥にえさを―・る」

  1. 心配などをまぎらすようにする。はらす。「酒に憂さを―・る」「思いを―・る」

  1. 何かをすることを、広く、または漠然という。する。行う。営む。「宿題を―・る」「今度の舞台で大星由良之介を―・る」「民宿を―・っている」

  1. 口にする。ちょっと酒などを飲む。「タバコは―・りません」「一杯―・る」

  1. どうにか生活する。「この給料では―・っていけない」

  1. (俗語で)危害を加える。「かたっぱしから―・ってしまえ」

  1. 10 (「殺る」とも書く。俗語で)殺す。「ひと思いに―・ってしまえ」

  1. 11 失敗する。「また―・ってしまった」

  1. 12 物事をうまくやる。なしとげる。「ついに―・ったぞ」

  1. 13 病気やけがをする。「三つの時に水疱瘡 (みずぼうそう) を―・った」

  1. 14 俗に、性交する。

  1. 15 逃がす。

    1. 「やあやあ者共、六郎―・るな遁すなと」〈浄・矢口渡

  1. 16 (他の動詞の連用形に付いて)

    1. ㋐(多く打消しの語を伴って用いる)動作が完了する意を表す。十分、または最後まで…する。「興奮がさめ―・らない」

    2. ㋑動作が広く、また遠くまで及ぶ意を表す。ずっと…する。「眺め―・る」「思い―・る」

  1. 17 (補助動詞)動詞の連用形に「て」を添えた形に付く。

    1. ㋐やむをえずするのだという気持ちや恩着せがましい気持ちで、目下の者のために何かをする。「相談に乗って―・る」「勉強をみて―・る」

    2. ㋑積極的にそのようにする。ことさらにそのようにしてみせる。「飛び降りて―・る」「舌をかみ切って―・る」

[可能]やれる

出典:青空文庫