出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、野郎歌舞伎女形の役者が、前髪をそったあとを隠すために置き手拭 (てぬぐ) いをしたのが変化し、帽子のようになったもの。多く紫縮緬 (ちりめん) などで作った。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉