出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ウリ科の蔓性 (つるせい) の一年草。茎が長く伸び、巻きひげで他に絡みつく。葉は浅く裂けた心臓形で互生する。夏の夕方、花びらが深く五つに裂けた白色の雄花と雌花とを開き、翌朝にはしぼむ。実が球状のマルユウガオと円筒状のナガユウガオとがある。主にマルユウガオから干瓢 (かんぴょう) をつくる。アフリカ・熱帯アジアの原産で、日本では古くから栽培。 花=夏 実=秋》「―のひらきかかりて襞 (ひだ) ふかく/久女

  1. ヨルガオの俗称。