出典:デジタル大辞泉(小学館)

源氏物語第39巻の巻名。光源氏50歳。夕霧の柏木未亡人に対する不首尾に終わった恋を描く。
源氏物語の登場人物。光源氏葵の上との子。左大臣となる。雲井の雁 (かり) の夫。
[1654~1678]江戸前期の遊女。大坂新町扇屋の太夫職の名妓 (めいぎ) 。死後、歌舞伎人形浄瑠璃などで多くの追善狂言が作られた。
をモデルとした浄瑠璃、およびそれによる歌舞伎舞踊の通称。近松門左衛門の「夕霧阿波鳴渡」や、その吉田屋の段をもとにした、薗八節「ゆかりの月見」、富本清元節「春夜障子梅」、常磐津節「其扇屋浮名恋風」など。