出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「ゆうこり」》露や霜などが夕方凝り固まること。また、そのもの。

「―の霜置きにけり朝戸出にいたくし踏みて人に知らゆな」〈・二六九二〉