出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 神の存在を肯定する立場。⇔無神論

  1. 汎神論理神論などに対し、世界の外部に存在し、世界を創造してこれを永遠に支配する人格的な唯一神を信じる立場。人格神論。