出典:デジタル大辞泉(小学館)

狂言。舞狂言。旅の僧が京都五条油小路の庵 (あん) で雨宿りしていると、狂死した傘張り祐善の亡霊が現れ、最後のありさまを謡い舞う。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉