• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ゆう‐ひ【雄飛】 の意味

  1. [名](スル)雄鳥が大空に飛び上がるように、大きな志をいだいて盛んに活動すること。「科学者として世界に雄飛する」⇔雌伏 (しふく) 
  • 名詞
  • ゆう‐ひ【雄飛】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・チベットへ行くのは僕の年来の理想であって、中学時代に学業よりも主として身体の鍛錬に努めて来たのも実はこのチベット行のためにそなえていたのだ、人間は自分の最高と信じた路に雄飛しなければ、生きていても屍同然である、お母さん、人間はいつか必ず死ぬ・・・

      太宰治「花火」

    • ・・・ 昔の外国のロマンチシズムの時代を顧みるとなかなか興味のあることは、抽象名詞が雄飛した割合に、作品で後にのこるものがないことである。

      宮本百合子「文学の流れ」