出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 行く手がさえぎられて先へ行けなくなる。行きどまりとなる。いきづまる。「突き当たりで道が―・る」

  1. 物事がうまく先へ進まなくなる。いきづまる。「経営が―・る」