出典:デジタル大辞泉(小学館)

ゆんだけ」に同じ。

「うち臥 (ふ) さで恋し明かせばさ夜床の―のふすまよそにこそ見れ」〈夫木・一六〉