出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 射手が弓を構えて立つこと。

    1. 「あるべきやうに―して」〈宇治拾遺・一五〉

  1. 射場に出る用意をすること。

    1. 「今日はみな―の射手の外までもすずの平題箭 (いたつき) 腰なれにけり」〈新撰六帖・五〉